Blog&column
ブログ・コラム

ギターの基本的な持ち方とは

query_builder 2021/11/25
コラム
15
ギターは、持ち方ひとつで演奏に強く影響します。
持ち方をしっかり把握することで、より良い演奏に繋がるのです。
では、具体的にはどのように持つのが良いのでしょうか。
今回は、ギターの基本的な持ち方についてお話していきます。

▼ギターの基本的な持ち方
ギターでは、基本的な持ち方を把握することが大切です。
基本的な持ち方を行うことで、弾き方や演奏で満足のいく演奏ができるでしょう。
基本的な持ち方としては

・腕をネックに向かって伸ばす
・肘と身体を密着させる
・フレットに対して斜めに押さえる
・ギターを身体に密着させる

これらが基本的な持ち方です。
初心者の方に多いのが、ギターが身体から離れすぎている状態で練習している方が多いです。
離れすぎていると、弦を押さえる時の支障になりますし、上手な演奏が行えません。

上記のやり方で押さえることで、弦を押さえる時にスムーズに押さえる事が可能ですし、弾きやすさも格段に違うと思います。
ぜひ上記でご説明した持ち方を参考に、ギターを持つようにして下さいね。

▼ギターを上手に持って、魅力的な演奏を
ギターの持ち方について、お分かりいただけたかと思います。
ギターの持ち方ひとつで、気持ちよく演奏ができますし、演奏中のミスが少なくなります。
ギターを上手に持って、魅力的な演奏を心がけていきましょう。

今回は、ギターの持ち方についてお話しさせていただきました。
ギターは持ち方ひとつで、演奏の出来栄えが変わってきます。
「一般社団法人Loveセラピープロジェクト」では、オンラインで習うことも可能です。
お気軽にご連絡ください。

NEW

  • Voice Retriever (ボイス レトリーバー) 声を取り戻す

    query_builder 2021/11/22
  • 犬のスペシャルフォト

    query_builder 2021/11/17
  • 猫が音楽療法で麻痺を改善したメカニズム

    query_builder 2021/11/08
  • その時、人生が変わった!ラジオ出演

    query_builder 2021/10/27
  • 学校に行けない子供達に大丈夫と強みを増やす

    query_builder 2021/10/23

CATEGORY

ARCHIVE