Blog&column
ブログ・コラム

ギターのチューニングについて

query_builder 2021/10/09
コラム
3
ギターの基本になっているとも言えるのが「チューニング」です。
しかし、「チューニングって難しいでしょう?」と思う方も多く、ギターを始める際のハードルになっているかもしれません。
そこで今回は、ギターのチューニングについて解説したいと思います。

▼チューニングとは
チューニングは、各弦の音程を決められた高さに合わせることです。
チューニングというのは1度合わせれば終わりではなく、時間がたてば自然と音程がずれていきます。
そのため練習前には毎回チューニングが必要になります。

▼チューニングの仕方
チューニングは、ギター上部についているペグといわれる部分を回して行います。
ペグを締めることで音が高くなり、ゆるめることで音が低くなっていきます。
そしてギターのチューニングでは6弦をE、5弦をA、4弦をD、3弦をG、2弦をB、1弦Eという高さに合わせます。
音を合わせる際は、基本的にはチューナーを用います。
チューナーに表示を見ながらペグを締めたり、ゆるめたりすることで音程を合わせていきます。

▼チューナーの種類
現在チューナーにもさまざまな種類があるので紹介します。

■カード型
薄く長方形の形をしたなじみのチューナーです。

■クリップ型
楽器のヘッドに挟んで使う形のものです。
さまざまな楽器に使えるため使い勝手が良いです。

■ペダル型
外部電源や9V電池を使用する型で、サイズや機能性で多くのメーカーが販売しています。

■ラック型
アンプの上に置いたり、スタジオに常設されていたりすることの多い種類です。
大型で見やすいのが特徴です。

▼まとめ
今回はギターのチューニングについて解説しました。
チューニングは、チューナーさえあれば簡単に行えます。
ぜひご自身にあったチューナーをお持ちになってチューニングをしてみてください。
また当社では、初心者から経験者まで幅広い方を対象にオンラインギター講座を行っています。
チューニングのやり方はもちろん、基本的な持ち方から上手くなるコツまで楽しく学ぶことができます。

NEW

  • Voice Retriever (ボイス レトリーバー) 声を取り戻す

    query_builder 2021/11/22
  • 犬のスペシャルフォト

    query_builder 2021/11/17
  • 猫が音楽療法で麻痺を改善したメカニズム

    query_builder 2021/11/08
  • その時、人生が変わった!ラジオ出演

    query_builder 2021/10/27
  • 学校に行けない子供達に大丈夫と強みを増やす

    query_builder 2021/10/23

CATEGORY

ARCHIVE